2007年05月20日

シーズンが始まっちゃって

休みは釣りばかりで、全然リール作りが出来ません(^^;。
やっぱり雨の日でも作業が出来る部屋か小屋が欲しいなぁ。
しばらくは、設計図書きぐらいしか出来そうもありません。

ちなみに釣りの方はなかなか好調で、もう尺ヤマメ5本釣りました。
posted by SSCRAFT at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年04月01日

3号機完成

昨日、やっと完成しました。
3-comp-3.jpg

先週から変わったところは、センターキャップとピラー。両方ともニッケルシルバーで作り直しました。あとは各部の磨き、バフ掛けです。
センターキャップが大きくなったので4g重くなり、結局重量は96gです。まあ何とか許容範囲ですかね。
3-comp-4.jpg

完成スペックは以下の通り。

ピラー受けを含めた最大径:66mm
ピラー受け除く最大径:57mm
全幅(ハンドルノブ、カウンターバランサー除く):48mm
ボディ幅(センターキャップ除く):38mm
スプール径:52mm
スプール幅(内幅):22mm

3-comp-5.jpg

写真は#30のバッキングをそこそこ(直径18mmぐらいまで)巻いた上にDT3Fフルラインを巻いたもので、ノーバッキングならDT4Fもいけそうです。
サイドプレートのハードラバーは、写真ではビカビカに見えますが、近くで見ると細かい擦り傷様の磨き残し?があります。この傷はプラスティッククリーナーでも消えなかったので、パイプ磨きか何かがないと本当にビカビカにするのは難しいかも知れません。まあオーナーの楽しみとして取っておきましょう(^^;;;。
ちょっとクリックが弱い気もするので、今週にでもテストに行ってきます。それが終われば本当の完成かな。

昨日の作業時間:4時間
posted by SSCRAFT at 10:19| Comment(2) | TrackBack(0) | フライリール

2007年03月24日

3号機ほぼ完成

いやー、長かった(と言っても、まだ完成じゃないけど)。
昨年の5月から始めて、約10ヶ月。まあ半年近く中断してたので、実質は4ヶ月ほどですが、それでも長いなぁ。

ということで、今日も工作してました。
今日は、サイドプレートと小物だけのつもりが、最後の最後に旋盤にフレームを噛んでしまい、フレーム作り直し(滝涙)。
しかし、慣れたせいか何と3時間強でフレームを完成し、結局、最終の磨きを残すだけでほぼ完成に漕ぎつけました。
重さは、現在の状態で92g。思ったより重くなったのは、作り直したフレームのせいでしょうか?
3-comp-1.jpg

センターキャップがイマイチ気に入らないので、明日雨が降らなければ作り直すつもり。
3-comp-1.jpg

あと、ピラーもあまり気に入ってないので、ニッケルシルバーで作り直すかも。
いずれにしても、あと1日あれば完成しそうです。さて、次は片軸リールに挑戦しようかな。

今日の作業時間:6時間
posted by SSCRAFT at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | フライリール

2007年03月22日

クリック周り

久々の工作です。
今日は午後から用事があったので、午前中3時間だけ作業しました。
まずはギヤの取り付けです。外注品のギヤにM1.4の皿ネジの頭を沈める穴を開け、スプールにネジ止め。
強度を考えると接着+ネジ止めにした方が良いんでしょうが、今回は初めて使うギヤだったので、変更可能なようにネジ止めだけにしました。
3-click-1.jpg

クリックの方も、今回は外注品。特にドラグの調整機構はなく、一定の重さでクリックが効きます。写真は0.6mmのステンバネ線で抑えてありますが、バネが強くて音が大きかったので、現在は0.5mmにしてあります。
3-click-2.jpg

バネ線を止めるパーツや位置をいろいろ調整していたので、結構な時間が掛かってしまいました。次回は今週末でしょうが、サイドプレートを仕上げてしまいたいと思ってます。

今日の作業時間:3時間
posted by SSCRAFT at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | フライリール

2007年03月12日

スプール完成

解禁したせいで、なかなか時間が取れません。昨日も伊豆へ釣りに行き、今日は雨の予報だったので今週も作業できないかと思っていたのですが、昼から晴れたのでスプールの仕上げと細々したパーツ製作などをやりました。
今日も、特に変わった作業はしていないので途中の写真は無しです。
作ったパーツは、内部の微調整用スペーサー(写ってないですが)とハンドルの飾り(4号機と同じネジ周りの真鍮)、ノブの受け(洋白製)。後はノブとカウンターバランサーの磨きぐらいかな?
3-spool-13.jpg
次の週末は土日とも仕事なので、次に作業できるのは21日ぐらいでしょうか。
posted by SSCRAFT at 01:26| Comment(3) | TrackBack(0) | フライリール

2007年02月25日

3号機続き

長野が解禁したというのに、この土日は急に冷え込むということなので出かけませんでした。
確かに昨日は寒く、風が強かったので出かけなくて正解でしたが、今日は風もなく穏やかな一日。
釣りに行けば良かったかなぁ、と思いながらの工作です。

今日の作業は、主に3号機のベアリング周りとハンドル周り。1号機と2号機は内側にスペースが少ないこともあって、ハンドルと逆側のベアリングはフレームの外に出してたのですが、3号機は2つとも中に入れることにしました。
ハンドルは、カウンターバランサーが洋白、ノブはオランダ牛角です。
工程は以前載せたので省略して、組み上げたところの写真を置いておきます。
まずは、右からの写真。
3-bearing-1.jpg
結局、ピラーはステンのままで行くことにしました。

左側は、まだ切削の際の掴み代を残しているので、見た目が悪いです(^^;。スプールの切削が終われば、適当な長さに切ってセンターキャップを付ける予定。
3-bearing-2.jpg

で、試しに組み上がったリールのハンドルを回してみました↓(MPEG2:3MB)。
reel.mpg
まあまあの滑らかさだと思います。ハンドルノブとカウンターバランサーのバランスもうまく行ってます。

さて、残るはクリック周りとサイドプレート、各部の磨きってとこでしょうか。
ちなみに、この状態で量ってみたら82gでした。クリックやサイドプレートを加えて、90〜95g程度には抑えられそうです。

今日の作業時間:4時間(実は結構いろんな部品を削ってたり、作り直したりしてるのです)
posted by SSCRAFT at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | フライリール

2007年02月10日

ハンドクラフト展

仕事がらみで用事があったので、久しぶりに行ってきました。
今年から浅草でやるようになったので少し遠くなりましたが、それより困ったのが駐車場がどこもいっぱいだったこと。
駐車場探しで30分ぐらいロスしたかなぁ。気が付かずにUターン禁止区域でUターンしちゃったし、警察がいなくて良かったです(^^;。

会場は飯田橋の時より若干広いかなという感じ。つるや釣具店主催と言うことで、メインは相変わらずバンブーロッドでしたが、私にとっては猫に小判(^^;。
私にはAlchemyTackleのBi-Metal Reel Kitを、じっくり見せて貰ったことが一番の収穫でした。
あとは、FAISに置いてあったGRAINの超軽量リールAUBE。こいつのスプールの固定方法やクリックは、目から鱗でしたね。
アンティークの両軸リールも結構置いてあったし、ハリキフェルールのフェルールやリールシート、PEARWOODのフィラーとか、いろいろ勉強になりました。

で、今日の肝心の仕事がらみの件は、当人が来ておらず拍子抜けに終わりました。来ないなら来ないと、、、。
posted by SSCRAFT at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年02月05日

時間が取れない(泣)

先週、今週と、野暮用ばかりでリール作りの時間がなかなか取れません。今日は強風で、作業する気になれなかったし。
そんな中、先週はクリックの爪(途中まで)とフット(途中まで)の作成、昨日は4号機のフットを作成しましたので、写真を載せておきます。
まずはクリックの爪の作成。
φ12mmのSK4丸棒を10mmのエンドミルで扇形に切削します。ロータリーテーブルを使い、爪の角度は50度に。
click2-1.jpg

センターをずらして穴を開けます。ずらすのは、バネで抑えたときに正転時と逆転時のテンションの掛かり方を変えるため。
バネの取り付けの方をずらそうかとも考えたのですが、格好悪そうなので爪の方をずらすことにしました。
click2-2.jpg

センタードリルで下穴を開け、
click2-3.jpg

φ2.6mmのドリルで貫通穴を開けてメタルカッターで2mm厚に切り、焼き入れ、焼き戻しをすれば出来上がり。
だったのですが、つまらない失敗をしてパー(泣)。
まあ作り方は分かったので、次回は失敗しないはずです。多分。

リールフットの方は3度目ぐらいなので慣れたものです。今回も3ついっぺんに作りました。
ところが、慣れすぎたのかちょっといい加減に作ってしまい、フットの厚みが予定より0.8mmほど薄くなってしまいました。
3-foot-1.jpg

何とかテーパーを変えたりして、それなりに使えるようにはしましたが、やっぱりちょっと薄いなぁ。
リールシートによっては、キッチリ止まらないかも知れません。私の場合は、専用のリールシート作っちゃえば良いんですけどね。
4-foot-2.jpg
ピラーが足りないのは、フットに化けたせいです(^^;。

ということで、もう少し緊張感を持ってきちんと作業しなきゃダメだというのを痛感した2週間でした。

来週はFショーで土日が潰れるし、再来週は長野解禁だし(^^;、なかなか時間が取れない状況は変わらないようです。

今週と先週の作業時間:4時間
posted by SSCRAFT at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | フライリール

2007年01月15日

フライス顛末

先週の木曜日にコントロール基板が届き、昨日取り付けてみました。
取り付けに際して、もともと付いてる基板を外したわけですが、外してから「どこかおかしいところがあるのかな?」と中を覗いてみると、、、、。

唖然。何と白い抵抗らしきモノの足が、基板から完全に浮いてます(赤丸部分)。
fraise-1.jpg
もう少し、きちんと出荷前検査をやってくれよなぁ>K貿易さん。

ということで、基板交換後は何の問題もなく動きました。さすがに10mmのエンドミルで炭素鋼を2mm切り込むような作業を急いでやろうとすれば止まりますが、まあこれぐらいは仕方ないでしょう。

さて、明日電話が来たら、思い切りイヤミを言ってやらなきゃ(笑)。
posted by SSCRAFT at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 工作機械

2007年01月14日

ちょこちょこ

作りたいモノはたくさんあるのに、日は短いし、細かい用事がいろいろあって、なかなかまとまった時間が取れません。
この土日も、買い物や庭仕事で時間が潰れ、やっと3時間ほど工作できました。
まずは3号機。
フレームのピラー穴開けとピラー作成が主、あとは主軸の切削とハンドル・フットの取り付け、各部の調整などです。
ピラーは、とりあえず416ステンのφ3.4mmで作りましたが、このサイズのリールにはちょっと華奢かも。
3-frame-5.jpg

正面から見ると、こんな感じ。
3-frame-4.jpg

そのうちφ4mmの洋白棒を買いに浅草へ行ってきます。あそこは、安くていいんだけど、平日のみ、しかも5時までしか開いてないし、通販はやってくれないので不便なんですよねぇ。

ということで、あと完成までに残ってる作業は、ギヤ周りの取り付け、左右ベアリング取り付け、ノブ・カウンターバランス作成・取り付け、ハードラバー作成・磨き・取り付け、各部の磨き、ぐらいですかね?
何とか、3月の解禁までには間に合わせたいものです。

んで、4号機も少し手を付けました。
まずピラー。しばらく見てたら、やっぱり真鍮の色がイマイチ合わないような気がして、ステンに変えました。
ついでにハンドルのネジ取り付け部に真鍮で飾り。ビルバランのパクリですが(^^;。
4-handle-3.jpg

こっちも残ってる作業は3号機とそれほど変わりません。あっ、フット作らなきゃ。

んで、3号機と4号機の比較写真。
3-4-compari.jpg

幅もこれだけ違います。
3-4-compari-2.jpg

2日間の作業期間:3時間
posted by SSCRAFT at 23:26| Comment(3) | TrackBack(0) | フライリール